美容整形で受ける輪郭矯正の方法

徐々に小顔にしたいと考えている人に向いている

最初は注射というと強い痛みがあるのでは?と不安に感じていたのですが、注射を行う直前に冷却パックをあてて肌を冷やすので、痛みは極力少なく済み麻酔処理も必要ありませんでした。
注射後はボトックス成分が他の部分に拡散しないように再度冷却パックをあてるので、他の筋肉に作用しないことも非常に安心しました。
治療後に効果があるわけではなく、一ヶ月をかけてじっくり筋肉が小さくなっていくので徐々に小顔に近づけたいと考えている方にも非常に向いている治療だと思います。
従来の小顔治療は骨切り術などを行うので治療効果がすぐ得られる反面、ダウンタイムや内出血による変色が落ち着くまで時間がかかるデメリットがありました。
しかしボトックス注射なら肌への負担も少なく、周りにも治療を受けたことがバレにくいので安心して受けることが出来る点がメリットだと感じました。

大顔の原因がエラの筋肉のため骨切術は適切でない | ボトックス注射は筋肉を時間をかけて細く小さくできる | 徐々に小顔にしたいと考えている人に向いている